イベント情報

『日本人は安いエネルギーをいつまで使えるのか?』2014-11-17

『研究者が語る!!良い家の条件』講演会に参加してきました。

”家”を様々なデーターから分析、
将来に向かって、今できる最善の話を聞くことが出来ました。

どういう家が良い家なのか?という話の中で
『エネルギーはあなたの問題です!』ということばが仕事柄、大きく響きました。

”日本人は安いエネルギーをいつまでも使い続けることができるわけではない”
  ? ことに気づき、社会の最少ユニットである住宅には、
”太陽光発電を自己防衛的につける”というはなしには、納得させられました。

その他、
 『年収400万円の世帯では、ソーラーをつけることで光熱費負担がらくになった』
というデーターなど、いまの私どもの業務の裏付けとなるはなしも聞けました。

お伝えしたいことは、まだまだある充実した講演会でした。(感謝)

ページの先頭へ