イベント情報

ソーラーシェアリング2013-12-25

2013年4月に農水省に公認された

「営農を継続しながらの太陽光発電設置」方法です。

具体的には、耕作地に架台をもうけ、生育に必要な光を勘案し太陽光発電パネルを設置し、

その下で営農を続けるという方法です。

売電という安定した副収入が見込めるのは、

定年や退職金などのない農家さんにとって、

将来を見据えたひとつの選択肢になりうるのではないでしょうか。

 

ページの先頭へ