株式会社フクデン 太陽光発電、オール電化のお見積もり・ご相談はお気軽に!

様々な電気工事

企業の自家消費型太陽光

数年前に比べて、電気代(燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金)の値上りが続いており、電気使用量の多い企業にとって電力を自家消費できる太陽光発電は、大変メリットが多いです。

ハッキリと感じられる効果は、「電気代の削減」「温室効果ガスの削減」そして「税制優遇」です。
現在、国際的に関心が高まるCO2排出量の削減は、様々な企業が率先して取り組みを始めています。
自家消費型太陽光の効果

「電気代の削減の効果」
自家消費型太陽光発電は、発電した電力を自社の事業用電力として使えるため毎月の「電気代の削減」効果が見れます。
太陽光で発電した電気を使う時は、電気料金が発生しないので、真夏の電力需要のピーク時(昼)などに電力使用量を抑えることが出来ます。これは太陽光発電の発電量がピークを迎えるタイミングでもあり、そこで太陽光発電の電力を使うことで、使用量を下げることに繋がります。

「温室効果ガスの削減の効果」
「温室効果ガス」とは、大気中に含まれる二酸化炭素やメタンなどのガスの総称です。
「温室効果ガス」には、太陽から放出される熱を地球に閉じ込めて、地表を温める働きがあり、このガスの増加により、年々地表の気温が上昇し、生物の生態系の変化や、気候変動による災害などの影響が出ています。太陽光は発電しても二酸化炭素を排出しない為、地球に優しい再生可能エネルギーです。

「税制優遇の効果」
発電した電力を自家消費目的で利用した場合、即時償却または税額控除などの税制優遇を活用できます。
  • ①「中小企業経営強化税制」は、法人あるいは個人事業主が設備投資をするときの費用に対して使える税制優遇です。自家消費型太陽光発電で中小企業経営強化税制を使うと、即時償却で設置費用を経費として計上することが可能となり、全額を取得した年に経費として計上できるため、高い節税効果が期待できます。
  • ②再生可能エネルギー発電設備に係る課税標準の特例措置(固定資産税)は、再生可能エネルギー設備を取得した事業者に対し、再生可能エネルギー発電設備に対する固定資産税を軽減する税制優遇です。
  • ★★実際、自家消費の太陽光発電を設置した企業様電気料金の変化を紹介します。

企業の電気のLED化

企業における悩みのタネと言える電気代の高騰。中でも、照明設備は電気代の20~30%を占めており、削減できれば大きなメリットです。電気を点けないのが1番の削減ですが、オフィス内で快適に過ごすには照明設備は欠かせません。では、どうすればオフィス内の快適性と電気代の削減を両立できるのか?

それはLED照明への移行です。‥‥LED照明の詳しい説明はこちら

従来の蛍光灯からLED照明へ取替するだけで電気代の削減になります。

LED照明

※お使いの灯具はそのままで球換えの場合、 簡単な電気工事が必要になってきます。

メリット… LED照明は発光ダイオードを用いた照明で、白熱電球などの従来の照明に比べ、製品の寿命が長く、消費電力が少なく、電気代を削減できるのが最大のメリットです。

デメリット…初期導入コストが従来の電球に比べて高く、導入に工事が必要な場合がある。又、光の指向性が強い為設置場所によっては明るさにムラが出来る場合がある。などがあります。

◆LED照明の施工実例は こちら


コストに関しては、LED照明器具を設置することによるメリットと初期負担額を比較して判断してみてはいかがでしょうか。又、市町村によっては照明器具を導入する際に補助金が出る場合もあります。

フクデンは適切なLED照明をご提案致しますのでお気軽にお問い合わせください。 

企業の駐車場に充電コンセント工事・・・電気自動車

電気自動車は、EV(Electric Vehicle)と呼ばれ、搭載されている電池に蓄えた電気でモーターを回転させ走行する自動車です。(LEAF、BMWi3、e-NV200など)

経済産業省が2030年代半ばに国内の新車からガソリン車をなくし、すべてをハイブリッド車や電気自動車などにする目標を設ける方向で調整していることもわかり、今後ますます電気自動車が普及してくるのではないでしょうか。ただ電気自動車には充電できる保管場所と充電用の専用線(コンセント)が必要で、ない場合は設置工事が必要となります。フクデンは充電コンセント設置工事もしております。

※充電コンセントの設置に補助金が出る市町村があります!


こちらは、医療機関の駐車場に充電コンセントを設置させて頂きました。

電源コンセント増設工事

「ここにコンセントがあったらいいな!」と思ったことがありませんか。

オフィスの模様替えや新しく電化製品を購入した場合など、新たにコンセントが必要になる場合があります。既存のコンセントの場所では届かず、延長コードで伸ばすと見た目が悪いし、延長コードを引っ掛けたり、タコ足配線によるトラッキング火災の危険が発生します。

こちらは、高齢者施設の企業様より玄関先に「非接触温度センサー」を購入した際に電源コンセントが足りないということで電源コンセント増設工事を行いました。

ページの先頭へ