様々な電気工事

LED化工事

企業における悩みのタネと言える電気代。中でも、照明設備は電気代の20~30%を占めており、削減できれば大きなメリットです。電気を点けないのが1番の削減ですが、オフィス内で快適に過ごすには照明設備は欠かせません。では、どうすればオフィス内の快適性と電気代の削減を両立できるのか?
それはLED照明への移行です。‥‥LED照明の詳しい説明は< こちら

従来の蛍光灯からLED照明へ電気工事するだけで電気代の削減になります。
LED照明は発光ダイオードを用いた照明で、白熱電球などの従来の照明に比べ、製品の寿命が長く、消費電力が少ない、電気代を削減できるのが最大のメリットです。

デメリットは、長時間に渡り光を浴び続けると網膜が傷ついたり、夜に光を浴びていると睡眠不足になる可能性も指摘されており、フクデンは安全かつ適切なLED照明をご提案します。 

◆LED照明の施工実例は< こちら

LED照明

※お使いの灯具はそのままで玉換えの場合、 簡単な電気工事が必要になってきます。


充電コンセント工事・・・電気自動車

電気自動車は、EV(Electric Vehicle)と呼ばれ、搭載されている電池に蓄えた電気でモーターを回転させ走行する自動車です。(LEAF、BMWi3、e-NV200など)

経済産業省が2030年代半ばに国内の新車からガソリン車をなくし、すべてをハイブリッド車や電気自動車などにする目標を設ける方向で調整していることもわかり、今後ますます電気自動車が復旧してくるのではないでしょうか。ただ電気自動車には充電できる保管場所と充電用の専用線(コンセント)が必要で、ない場合は電気工事が必要となります。

こちらは、フクデンが工事を行った充電コンセント設置工事写真です。何もない所に設置させて頂きました。

 

 

電源増設コンセント工事

「ここにコンセントがあったらいいな!」と思ったことがありませんか。

オフィスの模様替えや新しく電化製品を購入した場合など、新たにコンセントが必要になる場合があります。既存のコンセントの場所では届かず、延長コードで伸ばすと見た目が悪いし、延長コードを引っ掛けたり、タコ足配線による危険やブレーカーが落ちるなどの不具合が発生します。

こちらは、高齢化施設の企業様より玄関先に「非接種温度センサー」を購入した際に電源コンセントが足らないということで電源増設コンセント工事を行いました。



ページの先頭へ