蓄電池

設置工事の流れ

  • ① 現場調査で設置場所や配線の確認をする。

    蓄電池を設置する場所は、過度の加熱や結露が出来る所を避け、風通しの良い所をお勧めします。室内・室外関わらず設置出来るスペースが必要になるため現場調査で確認します。

    又、家庭内の分電盤・配線や既設のパワーコンディショナーの位置なども事前に確認します。

  • ② 基礎工事を行う。

    基礎工事は本基礎、簡易基礎・壁に設置する基礎など様々です。

    ●本基礎の場合は、事前にコンクリートで基礎を作ります。

    ●蓄電池を設置する場所がコンクリートの場合などは、簡易基礎になります。

    ※設置する場所やメーカーによって工事内容が異なります。

  • ③ 出来上がった基礎に蓄電池本体(ユニット)の設置をする。

  • ④ 配線工事を行う。

    蓄電池とパワーコンディショナー、家庭内の電気系統と接続する配線工事を行います。

  • ⑤ モニターの設定を行う。

    蓄電池システムの運転・操作を行う為のエネルギーモニターを室内に設置します。

    />
ページの先頭へ