その他

V2Hって何?

 
V2Hとは、「vehicle to Home」の略で、直訳すると「車から家へ、家から車へ」という意味です。通常は家庭の電源から電気自動車を充電しているのに対し、必要な時には車側から家庭に電気を供給する仕組みのことを言います。これには、V2H対応車両と、パワーコンディショナーが必要になります。

V2Hによる非常用電源

V2Hは、災害時の非常用電源としても使用できます。

電気自動車の大型バッテリーを自宅の蓄電池のように扱うことができ、停電が起きた場合でも、電気自動車のバッテリーに貯めている電気で生活が出来ます。 V2Hを利用すれば、災害時にでも自動車の走行と家庭用電力の両方をまかなえます。 災害時は、ガソリンスタンドが大渋滞になると聞きます。バッテリーがより大容量で、走行にも使えるというのが大きなポイントになります。

 

昼間に停電した場合、太陽光発電システムの発電電力と電気自動車の充電電力を家庭内に給電します。太陽光発電システムの発電電力は、まず家庭内で消費し、余った電力は電気自動車の充電にあてます。さらにあまった電力は売電します。           

一方、夜間に停電した場合、太陽光発電システムの発電電力はないので、電気自動車の蓄電電力を家庭内に給電します。停電が数日続いた場合でも、昼間は太陽光発電システムの発電電力を家庭内に供給、そしてさらに電気自動車にも充電することで、夜間の時間も昼間に充電した電気自動車の電力を家庭内で利用できます。   

どうぞお気軽にご相談下さい。

この他にも風力発電や各種電気工事も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ