イベント情報

バイオマス発電~燃料2017-10-30

あらためまして、固定買取制度の対象になっている再生可能エネルギーは、
 
太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスです。

それぞれの発電のための燃料は?というと、

太陽光、風力、水力、地熱は、その名の通りなのですが、

バイオマス発電の燃料は、

木くずや間伐材、可燃性のごみ、精製した廃油などになります。

バイオマス発電は、ざっくりですが、

燃料を燃焼させ、タービンを回し発電する方法です。

真庭市のバイオマス発電は、間伐材を木質ペレットに加工し、燃料としています。

”燃焼”には、CO2放出をともなうので、

一見、温室効果ガスを放出しているように思われます。

バイオマス発電、燃料は木材をイメージしていただくと

 ①光合成によりCO2を吸収して成長した木を燃料とし、
   ⇓
 ②木材を燃焼し発電 CO2の放出をともなうが、
   ⇓
 ③伐採後に森林が成長すれば森となり、樹木が再びCO2を吸収する

を繰り返すということで、「京都議定書」でCO2を出さない発電とされています。

ただし、③がうまくいかなければ、森林破壊につながる可能性もあります。

これが、今、問題視されている点です。

文責 

ページの先頭へ