イベント情報

岡山人口1.2%減~救世主は「蓄電池」?2016-01-30

『移住したい都道府県ランキング』の上位を毎年占めている岡山県。

その岡山県でも『人口減少』がとまりません。

山陽新聞ニュース

昨年からマイナスに転じ、今年もその減少速度を加速しているようです。

岡山人口2014年までは順調でしたが・・・(岡山市役所)

2015年国勢調査結果の速報

このままでは、地域の活力を奪いかねないスピードです。

こんな今、電気の地産地消・自家消費がますます重要になってきます。

すでに各法人企業においては補助金制度なども利用し

『独立型再生可能エネルギー発電システム』を導入しています。

その導入推進の原動力となっているのが『蓄電池』であり

一般家庭においても、これからの時代は

「一家に一台があたりまえ」になるかもしれません。

人口減少は日本国全体の問題でもあり、今後何の対策もされなければ

必ず来る未来として考える必要があります。

人口減少に備える地産地消・自家消費。

それを支える蓄電池。

これから一緒に学んでいきましょう。

ページの先頭へ