イベント情報

鉄道の電気は「太陽光」+「水素」でまかなう2016-03-29

今日は「鉄道関係」の最新ニュースをいくつかお届けします。

2017年春、鉄道初の試みとして

「太陽光発電で発電した電気を水素にして貯めておき、

緊急時に燃料電池を動かして駅の照明などに使用する」

そんな設備が開設運用されるとのことです。

発電した電気を水素として貯めておく仕組みも驚きですが

その仕組みをもう来年から運用するということにも驚きです。

神奈川県川崎市にあるJR武蔵溝ノ口駅が導入する予定とのこと。
新しいビットマップ イメージ出展:川崎市

さらに鉄道と太陽光のニュースとして

使わないレール上を利用してメガソーラーを設置し発電するという試み。

線路は平らな場所で直線状に延びているため、通常のメガソーラーで

必要になる土地にかかる費用や手間が省けるのが最大の魅力です。

鉄道においては、まだまだ設置可能な土地がたくさんあると思います。

こういった動きがより広まっていけばいいですね。
gatag-00010710鉄道イメージ

ページの先頭へ