イベント情報

電力を買うより太陽光発電の方が安い!?2016-04-30

またまた太陽光発電にとって嬉しいニュースがございます!

『自然エネルギー財団』といわれる孫正義氏が設立した研究機関が

試算した結果、電気を電力会社から購入するよりも

太陽光発電の方が割安であるとのことです!

自然エネルギー財団

この試算結果の元となる考え方が『グリッドパリティ』

といわれるものです。
nedoNEDO作成資料
この『グリッドパリティ』とは―――
再生可能エネルギーの発電コストが、系統からの電力のコストと同等か
それ以下となること。簡単に言えば、再エネ機器を設置することで
「普通に電気を買うのと同じ」か、「普通に電気を買うより安い」
状態になること――――

だそうで、とにかく太陽光が安くなって今の電気料金よりお得になった!

と解釈していただければと思います。

2010年に比べると太陽光発電システムの購入や設置、

維持にかかるコストがどんどん下がり現在40%近く下がってきています。

これはなにも大袈裟ではなく、話を盛っているわけでもありません。

ちなみに太陽光において先進国のドイツでは、11年前に

すでにこの『グリッドパリティ』に到達したとか。

ただこれも1つの考え方。

公の機関の公式発表があるまでは参考程度に考えて下さいね。(まつひろ)

ページの先頭へ